ICE BAHN:
「NO RHYME, NO LIFE ~ 『カタさ』へのこだわり」

自分の名前よりICE BAHNの名前の方が重いんだよ。

――:ソロ活動をせずに、ICE BAHNとして活動するこだわりについて教えてください。

玉露:もともと俺は、すごいつるむのが好きっていうか、ヒップホップとかストリートカルチャーの仲間と一緒にいる、街中とかにたまるっていう行為が俺は好きだったの。なにやるわけでもないけど、それが楽しいってのが根底にあって。音楽やってる人って当然だけど、めちゃくちゃ音楽好きって人が多いのよね。だけど、そういう人たちに比べたら、俺は音楽好きって言うより、つるむって方に魅力を感じた。そういった意味でソロでやるほど俺は音楽好きじゃねえってな(笑)。別に、そこまで俺音楽に情熱ねえっていうと、それは語弊あんだけど、別にソロでやるほどって感じかな。

FORK:ICE BAHN名義の中で誰と誰で曲を作ろうという話とか、ソロで作った事もあったけど、基本的には3人で1つの物を作るって事にこだわりを持ったし。それをずっと続けることの方が、それぞれの価値も高まると俺は思うし。もしどっかで1人でフィーチャリングするとかなった時も、アイツがやるんだっていう見方にもなると思うし。変な話、自分たちに価値をつけるためのプロデュースっていうのを、自分たちでしていくべきだと思うし。

玉露:そうだね。

FORK:だからそういう意味で見え方みたいなの含めて、グループとして、そこはガッチリやっていくんだっていう見え方をした方がカッコいいと思うし。バラバラでやってる人たちも、もちろんいっぱい見てきたけど、良いものもあれば、やっぱそうでもないなと感じるものもあって。そういうところで、俺らはこっちじゃないなって。

――:ICE BAHNとしての価値を高める?

FORK:そう。もちろん1人でフィーチャリングした事も何回かあるし、これからもあるかもしれないけど、やっぱそこに、幹としてICE BAHNで頑固にやっていってることがあってこその事だと思うから。幹がしっかりしてないと、いろんな枝の部分も良い感じにならない。

KIT:(ソロ活動をしないのは)まず(ICE BAHN が)カッコいいから。本人たち目の前にして言うのもあれなんだけど、結構好きなのよコイツら。いやほんとに。ミュージシャンとしてもラッパーとしても結構好きで。アルバムにしろライブにしろ、1つ作品を作るのに絶対に1人の力じゃできないわけ。例えばすごいカッコいいソロのラッパーがいたとしても、1人じゃできない。いろんな人の協力があってできる。それを同じように突出して、全員それぞれ役割があって、1つの作品すべてが見える。ソロマイカーの人がいても、裏方の人がビシッと支えてるわけ。そういう見え方もカッコいいし、ICE BAHNみたいな見せ方もカッコいい。カッコいいからいいよね。例えば俺がソロでやるじゃん、ソロでやる意味がないんだよね。どうせ今まで培ってきた仲間とかに、俺1人だけがのし上げてもらっただけで。みんなが裏方に回ってるっていうだけであって、責任はイーブン。だったらみんなで見えたほうが、俺はカッコいいと思うんだ。

玉露:奉行は良いんじゃないソロ? ICE BAHNじゃないし。

奉行:いや、ちょっと待ってくださいよ(笑)。ICE BAHN、ICE BAHN。俺、IBですやん。

――:客演で参加するときもICE BAHN単位での参加が多いのも同じ理由ですか?

玉露:うん。そういう出方が他に無いというか。さっきのセルフプロデュースじゃないけど、俺ら所詮インディーズだからな。別に俺ら、好きでインディーズにいるわけでもないんだけどな。だけど自分たちでプロデュースしないと生き残れないのは、メジャーもインディーも関係ないと思う。やっぱそういう見せ方をするってのは、かなり意識してる。

KIT:わかりやすく言うと、自分の名前よりICE BAHNの名前の方が重いんだよ。そこでみんな一致してる。

――:玉露さんとFORK さんは『KIZUNA 13』、『P.L.J』と1曲ソロでやってみてどうでしたか?

FORK:大変(笑)。単純に書く量も多いしね。もちろん、それはそれで良い経験だったと思うし、無しじゃないと思う。ICE BAHNの括りの中でやるぶんには、全然いつだってやるべきだと思うけど、それをやりたいって思うかどうか。

玉露:あれは死んだ友達の歌なんだけど、周りに亡くなった人ってのは何人かいたんだけど、本当に仲良いやつが亡くなったのがはじめてで。俺なりのなにかをするに値する間柄の人間が亡くなったから、俺が一番大切にしてるラップで表したかった。そういったときに、やっぱりFORKとKITは、俺と亡くなったやつとの間柄とはちょっと違ったから。やる必要があったからやっただけ。別に死んだ人に対して書きたいとか思ったんじゃなくて、やる必要があったからやっただけで。基本ソロは書くのも長いし、ペンのインクももったいないし。

――:『現盤』では玉露さん、KITさんがそれぞれソロ曲で客演を呼んでいますが、それはなぜでしょうか?

FORK:そもそもアレ、客演で1人誰か好きな人よんで1曲つくろうってところからはじまって。俺は1人でやったっていうだけ。

玉露:あと個人的に仲良いやつとやったっていう。俺はOHYA(だるまさん)と。KITはPRIMAL先生と。

FORK:逆にアレは、超仲良かったからって感じじゃなかったよね。やって仲良くなった?

KIT:やりたかった。やって仲良くなったし。おもしろいじゃん絶対。KITとPRIMALが一緒にやったら。ほんとにマイクで聞こえてくる人間そのまんまだから。ハチャメチャ。おもしろそうだから。

玉露:客演も含め、俺らがやる行動は、全部ICE BAHNに還元できるか否かってところがある。だから、正直FORKとかはいっぱい断ってるの。それは還元するに値しないってとき。基本は断るの。でも、やることによって、ICE BAHNに何か還元できるに値するときにやる。

――:BEAT奉行さんがICE BAHNに入ることを決意した理由ってなんですか?

奉行:俺、逆でソロから入ったパターンなんですわ。自分で動いて、なんでも自分に責任がくる。自分次第ってとこがあって、失敗しても成功しても自分っていう。けど、そっからICE BAHN入って。それまでアルバム何曲かやらしてもらってて付き合いが長くて、入る前からトラックを提供してて。もとは入るつもりは全然無かったけど、ご存じのとおり前任者のDJ BOLZOI先輩がやめられたって事で。俺も悩んだんだけど付き合いも長かったし、お互いメンバー全員知ってるし、まったく知らないグループに入るよりかは、どういう人柄とかちゃんと知ってるし、全然やる価値はあるなと思って。

玉露:どっか入ろうとか思ってたの?

奉行:いや全然ないっす。

玉露:もう俺は一生ソロで全部おいしいところもっていこうと思ってたの?

奉行:(笑)。いや、そういうつもりも無いですけど、そこまで深く考えてなかったです。ただやっぱり、グループに属するって事はグループとして動き方が全然変わってくるじゃないですか。

KIT:優先するものが自分じゃない。

奉行:そうっすそうっす。だからそういうどっかに入るっていうタイミングとか、きっかけとかも無かったですし。ただ一番近くにいたグループとして、信頼できるグループだからってのはあるっすね。

――:ちなみに入る際に困った事はありますか?

奉行:困ったことは、いっぱいあるっすよ。

玉露:じゃあ聞かせろよ(笑)。聞かしてくれよ解決しねーと(笑)。

FORK:後で、奉行が入って困った事言っていい?

玉露:それダメ(笑)。公表しちゃダメ。

奉行:困ったことはね……、正直に話すと単純に俺DJじゃないんで。元々、裏方でやってたんで、入ってライブをやるって事が無かったんで。単純にそこですね。裏でやってたのが、ライブDJとして表に立って。

玉露:いや、俺はね、てっきりビートメイカーってのはDJ通ってるものだと思ってたのよ。当然ターンテーブルの基本的なことはできるかなって。そしたら、俺もできる基本ができなくてさ。そりゃーお互い困ったね。まいったね。

KIT:彼は職人なんだよね。

玉露:機材には詳しいからさ。その辺でカバーはできたよね。

――:ICE BAHNのみなさん4人で、意見が食い違ってケンカになる事ってありますか?

KIT:ケンカは無いね。ケンカしたってしょうがなくね? なにか目的があって意見が食い違うわけじゃん? だからそれを解決しないと、目的を達成できないじゃん。子供じゃないからさ、そこは解決させて前に進んでいくっていう。

玉露:よくケンカ別れってあるじゃん? やっぱケンカするクルーって山ほど見てるしさ。まぁ、だからダメになるんだろうなって気もするしね。

KIT:まぁ、理屈じゃないからね、人と人って。

FORK:基本的に、ケンカになるならないってのは、例え言い合いになったとしても、どっかでちゃんと認めてる部分があるっていう。意見の食い違いはあっても、そこに憎しみは無いから。だからケンカにはならない。

――:ICE BAHNの中で3人のMCそれぞれが個性的なラップをしますが、そのスタイルの違いは意識しているんですか?

KIT:意識はするよね。少なからずあると思う。似せていこうとするよりは、離れていこうとするかもしれない。

FORK:ずっと3人で曲を作ってきてるから、他の2人と違う事をしようっていう意識が、実は無意識かもしれないけど。でもそういう考えはずっとある。

KIT:もう、ハッキリ言って無意識だよね。

玉露:なんか、フリースタイルうまい3人が1つのグループにいてすごいですねって言葉をよくかけてもらうわけ。でも、それはたまたま3人が集まったわけではなくて、逆に、3人で頑張ったから3人ですごくなったわけ。うまいやつが3人集まったわけじゃなくて、3人でうまくなったわけ。だからそこは勘違いしてもらったら困る。寄せ集めで3人集まったわけじゃないから、舐めるなよって。だから2人との違いを意識するってのはもちろんなんだけど、3人でいろんなことを研究してるから、自然に大体、あいつはこういう役割でくるだろうってわかるから変わってくる。そういう意味では意識してるかな。

FORK:3人で集まったときは、フリースタイルに関してはゼロの状態だった。最初の頃は全然やってなくて、なんとなく存在は知ってたし、各々やってたかもしれないけど、ちゃんとはやってなかったし。最初はライブとかで、曲の間にアカペラで次書いてフリースタイルっぽくどんどん韻踏んでやってみようって。曲とは別に。持ちネタとして持っておこうってやってた。意味がどうこうじゃなくて、アピールするための何秒間でアカペラの韻踏みまくってくだらない事とか、時事ネタでもなんでもいいから。そっからフリースタイルに発展していった。それぞれ各々でやってたのが、フリースタイルでやりはじめて奪い合いみたいになっていった。誰かがいったことに対して思いついた事を持ってって、それを繰り返していって、ぐちゃぐちゃになってやっていった。そういうのを重ねていって、みんなでいるようになっていった。

line line line line line line line line line line line line line line line line line line line