宇多丸(RHYMESTAR):
「ライムスターの持つ親しみやすさとは?」

ポップに噛み砕くことの方が難しい

――:宇多丸さんの詩についてもお聞きしたいのですが。ストーリーテリング性を重視していると以前仰っていたと思うんですけど?

宇多丸:いや、重視って言うよりは上手く出来たらいいなっていう事ですよね。まだ自分の想うようには出来てないし。もっとストーリーテリング的なリリックを得意としている人もいるわけだから。だから出来たらいいなっていうことですね。

――:そういった点で表現方法の1つとしてポエトリーリーディングという手法もあると思うんですが、そういう表現方法をどう思われていますか?

宇:うーん、ライムスターとしてはある程度、開かれた表現というか一言で言えばポップさ、キャッチーさというのかな、常に入口の間口の広さっていうのを考えるからやっぱりアート的な表現っていうのにはライムスターとしてはいきたくないかなっていう感じで。そういう実験的な方向に傾いていた時期もあるけど、やっぱり整理された言葉でやったほうが入ってき易いっていう感じですかね。僕はある程度間口の広い表現に魅かれているというか、ハードだったりエッジな表現よりはポップに噛み砕くことの方が難しいと思っているからということかな。

――:宇多丸さんはリリックの中で小ネタを挿まれることも多いと思うのですが、それは好きだから入れる場合と、聞く人を意識して入れる場合とがあると思うのですが、どういった違いが?

宇:好きだから入れる場合もあるけど、特に今回なんかはヒップホップらしさの部分っていうか、例えば固有名詞が出てきたり、引用がすごく多いっていうのはヒップホップらしさの部分だから今回はすごく多いっていうことかな。

――:ライムスターの活動休止中の活動でDさんはマボロシでの活動が今のリリックなどに影響を与えているなと感じることがあるのですが、宇多丸さんはラジオなどでの活動がリリックなどに影響を与えているということはありますか?

宇:歌詞の構造とかはすごく気にするようになったかな。さっき言ったストーリーテリングじゃないけど、起承転結、序破急なのかわかんないけど、ここをこう落とすとか、伏線を張るとかは映画の評論をやっていることが活かされていたりするかもしれない。最初に場面を描写してロングショットで始まるとか、逆に細部のアップから始まるとか、そういうイメージであったりはより意識するようになりましたね。あとやっぱりラップなんてそもそも興味ないような大多数のリスナーと対峙してるわけだから、興味ない人にどう届かせるかっていう部分はありますね。ライムスターとして元々そういう思考はあったけどよりそこに意識的になったということかな。

――:ライムスターにおいて宇多丸さんとDさんのスタイルの違いはあると思うのですがそういう点は意識されていますか?

宇:意識というか、それがスタイルとして確立されているから、さっき話に出たように特にマボロシ以降Dのスタイルは変わってるから、それでより違いははっきり出るし、例えば『Hands』という曲を作った時とかはDから直接「ちょっと自分のパートは甘い感じになってるから、宇多さんのパートでキリッとさせてほしい。」っていう風な、固い言葉とか社会情勢を入れてほしいというオーダーもあったりする。それは意図的な対比ではあるかな。あるいは今回の『Deejay Deejay』とかだと僕がDJの歌だけどどうしても風営法のことをがっつり入れないわけにはいかないから、「2番はちょっとパーティー感としてはどうかと思うかもしれないけど、ここは必要だと思う。」というので提案として出してみたりとかっていう感じですかね。

――:宇多丸さんはラジオや映画、アイドルなどラップ以外の分野でも活動があると思うのですが、ラップとファッションという部分で宇多丸さんがファッションのプロデュース側になるという事は?

宇:服好きなんだけどね。難しいよね。基礎力が必要とされるものだから、いくらアイデアとしてかわいかったり、かっこよかったりするものを思いついても、「なんか良いんだけどダボっとしてるなとか、ここがキュッとしてれば良いんだけどな」とかいうのがストリートブランドは多くて、やっぱりしっかりしたところのだと全然違えーなみたいな(笑)。ただラッパーだったらラップ一本でっていう考えの人もいるかもしれないけど、俺は出来ることだったら何でもやればいいっていう。今はそういう時代だと思いますね。絶対それは本業にもフィードバックされるし。全身で360度使って活動していかないと音楽だけで、曲を売るという行為だけで食える時代じゃないし、おもしろいことっていうのは色々あふれているんだから、やれることはなんでもやっていけばいいと思う。

line line line line line line